戻る
サービス 公共機関のお客さま
準備段階
計画段階
実施段階
完成段階
発注者支援
計画・設計段階
実施設計段階(設計監理)
工事発注段階
施工監理段階
団地再生・ストック活用
事前防災
建物耐震診断・耐震補強設計
販売支援・PR
戻る
URリンケージホーム>公共機関のお客さま>プロジェクト支援 準備段階 プロジェクト可能性検討

プロジェクト可能性検討

プロジェクトの目的に照らし、民間活力の導入可能性から実現に向けた
クリティカルパスを明らかにします

まちづくりが動き出す段階では、さまざまなお困りごとが出てきてしまいます。その際は本プロジェクトの位置付け、地元貢献や効果、資金や整備方法などを、ひとつひとつクリアにしていくことが重要です。
私たちは、立ち上げ段階で明らかにすべき事業としての可能性および事象やリスク発生等をあらゆる角度から評価するとともに、整備方法や事業完了までのクリティカルパスを抽出し、マスタースケジュールと予算配分など、プロジェクトの成否を判断するための材料づくりを支援します。

プロジェクト支援 準備段階 プロジェクト可能性検討の事例

プロジェクト支援 準備段階メニュー

ページTOPへ