戻る
サービス 公共機関のお客さま
準備段階
計画段階
実施段階
完成段階
発注者支援
計画・設計段階
実施設計段階(設計監理)
工事発注段階
施工監理段階
団地再生・ストック活用
事前防災
建物耐震診断・耐震補強設計
販売支援・PR
戻る
URリンケージホーム>公共機関のお客さま>建物耐震診断・耐震補強設計 危険度判定

危険度判定

大地震により被災した建物による2次災害防止のために

近年、多発する大地震により、建物は大きな損傷を受けています。余震時の倒壊による人命の保護や都市機能の復旧に向けて、早急な要望に応えるため、技術職員の多くを専門知識を要する応急危険度判定士に登録し、被災度に応じて適切な補強方法を提案するなど、総合的な震災復興活動に取り組んでいます。

建物耐震診断・耐震補強設計 危険度判定の主な受注実績

実施年 対象顧客 都道府県 顧客名 業務名
2018 公共 大阪府 UR都市機構 光明池駅前団地耐震改修基本検討業務
2017 公共 兵庫県 UR都市機構 布引市街地住宅耐震診断等業務
2017 公共 兵庫県 神戸市 房王寺住宅2・3号棟耐震改修及び外壁改修工事設計業務

建物耐震診断・耐震補強設計メニュー

ページTOPへ