戻る
サービス 公共機関のお客さま
準備段階
計画段階
実施段階
完成段階
発注者支援
計画・設計段階
実施設計段階(設計監理)
工事発注段階
施工監理段階
団地再生・ストック活用
事前防災
建物耐震診断・耐震補強設計
販売支援・PR
戻る

土壌汚染対策

事業停滞や環境への影響を考慮し対応策を総合的にご提案します

近年、地球温暖化といった環境問題がクローズアップされ、都市整備においても持続可能な循環型社会の実現に向けて、より環境に配慮した事業を進め、環境負荷を低減することが求められています。

また、土地売買や都市の開発・整備に伴う土壌汚染に関する問題も顕在化してきています。土壌汚染対策法(H15.2施行、H31.4改正)や各自治体の条例等の施行により、土壌汚染の調査・対策の方法などが示されましたが、その対策工法として、最もコストが高く環境負荷の面からも好ましくない「掘削除去」が偏重して選択されたため、環境問題に加えてブラウンフィールド問題(土壌汚染の存在が原因となり、汚染した土地の売買や開発が行われずに低未利用地となってしまう)などの新たな問題も生じてきています。

URリンケージでは、土壌環境の負荷低減を実現する土壌汚染対策手法の検討、土壌汚染地の特性に応じた対策手法の検討など、「掘削除去」に頼らない環境負荷低減のための土壌汚染対策の検討業務を行っています。

また、ブラウンフィールド再生のための方策検討や、その実現に向けての新たな事業スキームの検討など、新しい課題への対応業務も行っています。

osen01.png

調査から手続き・対策案作成まで

プロジェクト支援 実施段階 土壌汚染対策の主な受注実績

実施年 対象顧客 都道府県 顧客名 業務名
2017 公共 UR都市機構 土壌汚染関連技術資料作成等業務
2017 公共 宮城県 仙台市 平成27年度蒲生北部被災市街地復興土地区画整理事業等包括委託業務
ページTOPへ