戻る
サービス 公共機関のお客さま
準備段階
計画段階
実施段階
完成段階
発注者支援
計画・設計段階
実施設計段階(設計監理)
工事発注段階
施工監理段階
団地再生・ストック活用
事前防災
建物耐震診断・耐震補強設計
販売支援・PR
戻る
URリンケージホーム>公共機関のお客さま>団地再生・ストック活用 資産再編計画 建替え

建替え

団地を解体し、新しい団地を建設~UR賃貸住宅の建替事業への協力

建設から40~50年経過したUR賃貸住宅団地では、老朽化した住棟を解体し、その跡地に新たに賃貸住宅を建てることを「建替事業」といいます。建替えには団地全住棟を建替える「全面建替え」と、ある一部の範囲の住棟を建替える「一部建替え」、同一生活圏団地への移転を前提とした「近接地建替え」があります。


URリンケージでは、URの建替事業への協力として以下の業務などを行っています。

事業スキームの検討
  • 団地の将来像の検討
  • 移転計画の検討
  • 整備敷地の需要調査(一部建替えの場合)
新規建設計画の検討
  • 住棟配置、屋外計画の検討
  • 住戸プランの作成
  • 事業スケジュールの検討
  • 家賃算定に関する市場調査
補助金申請
  • 新規採択時評価に関するB/C作成
  • 整備計画の作成
  • 補助金申請書の作成 等
事業推進支援
  • 居住者説明等業務
  • 敷地整理業務(境界確定業務、用地管理業務)

【UR集約事業】1.予定団地選定、2.事業団地決定、3.計画概要説明会、4.条件提示説明会、5.移転・用途廃止、6.建設・土地譲渡 【URリンケージ実施業務】①事業スキームの検討②新規建設計画の検討、③補助金申請(2~4の期間)、④事業推進支援(3~6の期間)

UR建替事業の進捗に合わせて多様な業務を行っています。

団地再生・ストック活用 資産再編計画メニュー

ページTOPへ