URリンケージホーム>いいまちづくり、コンサルティング

いいまちづくり、コンサルティング

まちづくりの流れとコンサルティングメニュー

まちづくりにはさまざまな段階があります。

住民の皆さまとまちの将来像について話し合う構想段階もあれば、交付金の申請を見すえた都市再生整備計画をまとめる実施段階まで、当社の役割や担当部署はさまざまになります。

そこで大まかな「まちづくりのステージ」をご用意しましたので、当社の幅広いコンサルティングメニューをご参照ください。

01.jpg

権利関係など地区の現状把握、課題の抽出開発コンセプトの作成、各方面へのヒアリングなど、

基本構想をまとめていく段階です。

コンサルティングメニュー
  • 公共施設整備等の課題抽出
  • 地権者等関係者の意向把握
  • コンセプトワーク
  • 検討体制の提案、まちづくり勉強会の開催
  • 民間事業者へのヒアリングによる需要把握
  • 事業手法等に係る関係者間の合意形成

02.jpg

都市計画の手続きの検討、スケジュールの作成など、事業の実現に向けて具体的な計画素案を立案した上で、より詳細な検討へ移行する段階です。地権者の合意形成や民間事業者の誘導なども含みます。

コンサルティングメニュー
  • 土地利用計画の立案
  • 都市計画等、事業手法・スケジュール等に係る関係者間の合意形成
  • まちづくり協議会の設立、運営、詳細協議、合意形成
  • 民間事業者の参加意向把握、想定価格確認、事業内容や参画スキームの周知等

03.jpg

都市計画の法手続きを進め、行政、民間との協議、地権者の権利調整を行う実務的な段階です。

コンサルティングメニュー
  • 都市計画手続き等に係る行政との本協議
  • 事業手続きに係る地権者等の合意形成と権利の変動に係る調整
  • 事業計画に係る公共施設管理者等との協議
  • 民間事業者の公募手続き・選定、計画条件調査

04.jpg

事業の収束に向け、宅地・施設用地の管理や販売、企業誘致のPR活動、地域コミュニティの活性化支援など、

まちづくりの仕上げを行う段階です。

コンサルティングメニュー
  • 都市計画手続き等に係る行政との本協議
  • 事業手続きに係る地権者等の合意形成と権利の変動に係る調整
  • 事業計画に係る公共施設管理者等との協議
  • 民間事業者の公募手続き・選定、計画条件調査
ページTOPへ