URリンケージホーム>法人のお客さま>民間企業向けコンサルティング 土壌汚染対策

土壌汚染対策

事業停滞や環境への影響を考慮し、対応策を総合的にご提案します

近年、地球温暖化といった環境問題がクローズアップされ、都市整備においても持続可能な循環型社会の実現に向けて、より環境に配慮した事業を進め、環境負荷を低減することが求められています。

また、土地売買や都市の開発・整備に伴う土壌汚染に関する問題も顕在化してきています。土壌汚染対策法(H15.2施行、H22.4改正)や各自治体の条例等の施行により、土壌汚染の調査・対策の方法などが示されましたが、その対策工法として、最もコストが高く環境負荷の面からも好ましくない「掘削除去」が偏重して選択されたため、環境問題に加えてブラウンフィールド問題(土壌汚染の存在が原因となり、汚染した土地の売買や開発が行われず、低未利用地となってしまう)などの新たな問題も生じてきています。

URリンケージでは、土壌環境の負荷低減を実現する土壌汚染対策手法の検討、土壌汚染地の特性に応じた対策方法の検討など、「掘削除去」に頼らない環境負荷低減のための土壌汚染対策の検討業務を行っています。

また、ブラウンフィールド再生のための方策検討や、その実現に向けての新たな事業スキームの検討など、新しい課題への対応業務も行っています。

【実際の汚染サイトをモデルとした環境配慮型土壌汚染対策案】

実際の汚染サイトをモデルにした環境配慮型土壌汚染対策案

民間企業向けコンサルティング 土壌汚染対策の主な受注実績

実施年 対象顧客 都道府県 顧客名 業務名
2018 法人 神奈川県 株式会社横浜都市みらい みなとみらい44街区土壌健全化工事管理業務
2011 法人 東京都 王子運送株式会社 浮間駐車場土壌汚染対策等検討業務