まちづくり・すまいづくりを支援する建設コンサルタント>企業情報>次世代育成支援・女性活躍推進株式会社URリンケージ行動計画

次世代育成支援・女性活躍推進 株式会社URリンケージ行動計画

社員の仕事と子育てを両立することができ、全社員が働きやすい職場環境を作ることにより、男女問わず全社員がその能力を十分に発揮できるようにするために、次の行動計画を策定します。

計画期間

 2020年4月1日から2025年3月31日までの5年間

内容

目標1:計画期間内に育児休業取得者を次の水準にする。
  • 男性社員 取得者数を1名以上とする。
  • 女性社員 復職率を90%以上とする。

【対策】

  1. 社内イントラネット(サイボウズ)で育児休業に係る制度等の情報提供をわかり易く掲載する。
  2. 育児休業及び職場復帰に伴う不安解消を目的とした相談体制を周知し、相談を実施する。
  3. 相談のあった事項について「FAQ」として、社内イントラネット(サイボウズ)に掲載する。
  4. 育児休業制度の理解を深めるため、採用者の説明時に育児休業制度の説明を実施する。
目標2:ワークライフバランスがとれるよう、年休取得の促進及び時間外労働時間の縮減に努める。

【対策】

  1. 時間単位年休等の取得を促進する。
  2. 全社的な(支社含む)ノー残業デーを実施する。
  3. 時間外労働の実態分析を踏まえた、時間外労働の管理に関する指導・注意喚起を継続する。
  4. 月80時間を超えた時間外労働者に対し、産業医との面談の機会を設けるなどの安全衛生面での保健指導を実施する。
  5. 管理監督者への教育(時間外労働の適正な縮減及び目標管理人事制度マニュアルの改訂含む適正な人事評価)を行う。
目標3:積立年休制度や子の看護休暇等、子育てのために利用できる休暇制度の利用を促進する。

【対策】

  1. 2019年4月に導入された「積立年休制度」について周知の徹底を図るとともに利用の促進を促す。
  2. 子の看護休暇の制度や利用方法の再周知を図るとともに利用促進を促す。
目標4: 仕事と子育てを両立する環境づくりを促進する。

【対策】

  1. 産前産後及び育児休業等規程の周知徹底を図り、ワークライフバランスを図る。
  2. テレワーク導入に向けたプロジェクトチームの活動の促進。
目標5:管理職に占める女性管理職の割合を7.5%に引き上げる。

【対策】

  1. ライフステージの変化に伴う離職の防止策として継続就業できる制度・環境づくり。
  2. 女性社員の昇進意欲を高めるための管理職候補を発掘し、育成する仕組みの検討。

【情報公表項目】男女の平均継続勤務年数の差異 - 3年9か月  ※正社員(2020/3/1時点)

男性 18年 1か月
女性 14年 4か月

ページTOPへ