基盤整備設計・官積算

設計図書の作成から官積算まで一貫してサポートし、工事発注の円滑化を進めます

URリンケージの設計管理や積算業務は、基盤整備(造成・道路・排水・上水道含む)に関する複合的な設計図面や数量計算書の作成、照査、仮設図面のチェックから会計検査に対応した官積算根拠資料の整備まで、事業者さまのニーズに合わせて分野ごとの技術者チームを編成し、さまざまな要望に応えられる体制で業務を行います。

また、工事発注時の設計図書の作成から官積算までを一貫して支援できることは他社にはない特徴であり、職員の発注図書作成にかかる負担を大きく軽減することに寄与します。さらに、最近ではドローンを利用しての設計用の現況調査や工事進捗確認、事業誌作成などに利用するなど、新技術の提供も行っています。

業務の流れ。基盤設計、照査(図面や数量、計算書の照査)、現場踏査(仮設計画のチェック)、照査内容の伝達、積算組立・見積依頼、設計書入力(積算根拠資料の作成)、完成・提出。

まちづくり支援メニュー